ごん太と温泉

やすらぎの里 足湯 (六足)

平成19年8月11日(土)

いや~ 熱くて、動かなくても、汗が出てくるのだから、サウナに入っているようなものです・・・・・
もう、夜の7時も過ぎているのに、この熱さ・・・・
温泉の看板を見つけたので、早々、ご主人さまは汗を流しに入ってきました。ここの温泉は、方向音痴のご主人さまには、どこなのか分っていないのですよ・・・・
だって、西予市から、378号線を南下して、320号線に入ろうとしていたのに、通り過ぎてしまい、56号線を走っていました。そして、Uターンをしようとしていたときに、「やすらぎの里」温泉の看板を見つけたので、ここにやってきたのですから・・・
多分、長いトンネルを過ぎたので、宇和島市の何処かでしょう・・・・
とにかく、温泉に入ったご主人さまは、幸せそうな、しかし、この熱帯夜には、まいっているような顔をして、ごん太君に、ここに足湯があるので、一緒に来なさいと、カメラとごん太君を脇に抱えて、温泉の入り口にある足湯(温泉の玄関口にあるので、誰も入っていませんでした)(写真上、下)にやってきました。
もう、7時30分を過ぎていて、写真を撮っているのに、照明が消えてしまいました。
四国にきて、初めて見つけた、足湯です。
さて、四国で、足湯に沢山めぐり合えるのでしょうか・・・



「やすらぎの里」温泉


「やすらぎの里」の足湯

「やすらぎの里」の足湯

Copyright© 2004-2018 ごん太の旅日記 All Rights Reserved.